運営

首都圏中央社労士事務所

 

〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-44

東武スカイツリーライン一ノ割駅から150m=徒歩1分

 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
 

お電話ではこちらへ

048-748-3801

首都圏中央社労士事務所の特徴

首都圏中央社労士事務所の代表社会保険労務士の亀岡 亜己雄です。

 

首都圏中央社労士事務所は、開業23年目になる社会保険労務士事務所です。

労務に絡む事柄は一通り対応させていただいております。特に、中小企業の労務対策(事前措置)と労務問題対応(事後対応)では強みを発揮できる事務所として評判をいただいております。

従業員との感情が絡む問題や法律だけでは割り切れないテーマなど、竹を割ったようにいかない問題やテーマに立ち向かえるオンリーワンの業務品質にあると自負しております。

裏付けとなっておりますのは、

  • 様々な業種・規模のお客様の労務実務に対応してきた豊富な実績
  • 労働問題の解決に対応してきた豊富な経験による苦情・異議申立それらの内容の熟知
  • 日常の気づいていない労務リスクにも対応する経営労務の提案

など、23年間の業務実績によるものです。労務・労働問題は約7,000件以上、労働局・労働委員会のあっせん(会社と労働者の間の個別労使紛争解決)業務は約100件以上の実績を積んでおります。就業規則作成・変更、労働条件の設定、各種労務書面の作成などではもちろん、日頃の労務シーンでも、これらによって培ったノウハウを提供させていただいております。

この点が当事務所の最大の強みであり、ニトリではないですが、「お値段以上の業務品質」を提供できる点です。

主な社会保険労務士業務

詳細な業務は他領域に渡りますが、ざっくりとした主な業務内容は以下のようになっております。

その他の気になる事項につきましては、お気軽にお問合せください。

 ●労働リーガルコンサルティング

 ●就業規則に関するコンサルティング

 ●労務管理・リスク対策・問題対応等のコンサルティング

 ●労働条件の設定・変更に関するコンサルティング

 ●助成金活用コンサルティング

 ●雇用契約・労働条件に関するコンサルティング

 ●労働基準監督署の調査、労働局の調査対応

 ●労働基準監督署への駆け込み対応

 ●社会保険の調査対応

 ●個別労使紛争(労働局・労働委員会のあっせん)の対応

実績と経験が豊富な事務所

1 実績と経験が豊富な事務所

 代表社会保険労務士の亀岡亜己雄は、創業23年を迎えた現在、社会保険労務士として脂が乗っています。社会保険労務士試験、開業と「労使のお困りごと・悩みに向き合っていきたい」、「企業に健康な労務を」との使命感を持って歩んでまいりました。

 

中小企業の数が圧倒的に多い日本においては、当事務所もこれまで中小企業を中心に数百件のお客様のサポートに携わるなど豊富な実績と経験を積んでまいりました。会社と従業員の労働紛争の解決業務の実績・経験も豊富で、苦情や紛争になり得るポイントなどを熟知しております。

 

これまでの歩みの中で、業種ごとの特性、会社固有の性質、経営者の考え方、希望するサービス、落とし穴にはまらないポイントなどを踏まえて、経営及び労務の改善、敷いては企業業績の向上に結びつくようなコンサルティング・サービスを提供させていただきます。

フットワークがいい

 代表社会保険労務士の亀岡亜己雄は、月間130キロ、毎日1時間以上の速歩を行うなどでスピードある動きに対応できるように身体の維持管理を心がけています。

それは関係ないかと思いますが、業務において、多忙なアクロバット的な動きに対応できるように意識を持ち、どこへでも出向く軽いフットワークを持っていると自負しております。

 

お付き合いさせていただいております顧問先企業からは、フットワークがいいとのお声をちょうだいしております。

 

顧問先企業の時間を効率よく活用し、スピードある対応を意識しております。士業の特性上、影で支える黒子のような役目である場面が非常に多いのですが、100%というわけにはなくとも、できるだけ経営に専念していただきたいとの信念で支える役目=【スーパー黒子】でありたいと考えております。

何でも質問されお客様の立場で対応する

 士業というと、堅物でとっつきにくいなどのイメージがあると言われますが、経営コンサルタントファーム時代から様々な企業、様々な経営者、様々な人材と接してきました経験で、頑なに労務にとどまるのではなく、豊富な話題を提供したりしております。

 

別段、そのせいというわけではないのですが、いろんな話をしやすいと言われ、たくさんいろいろなことを聞かれます。顧問先は継続して長いお付き合いのある企業ばかりですが、社会保険労務士のイメージが変わったとのお声もいただいております。

 

士業にありがちな、専門用語問題ですが、話し言葉を多用するように心がけております。仕事柄100%専門用語を排除するというわけにはいきませんので、どうしても専門用語を使用せざるを得ない場合もあるのですが、その場合は、用語の説明を入れてお話させていただきます。

 

伝わらなければいくら話しても意味はありません。それは話していないのと同じですから。初めてのお客様でも、安心して労務のご相談をしていただくことができます。

 

 

税理士・行政書士・弁護士等との連携が可能です

首都圏中央社労士事務所では、社会保険労務士の業務範囲外の事柄が発生した際には、該当する士業へ連携をとってつなぎます。

お客様はスムーズにアポイントを散ることが可能になります。

お客様は、専門家を探す手間がかからなくなります。状況により、首都圏中央社労士事務所の社会保険労務士が説明しますので、専門家への説明をする手間がかからない、もしくは簡単になります。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せは、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

※営業メールはお断りしております。

お電話でのお問合せはこちら

048-748-3801
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話での相談お申込み・お問合せ

048-748-3801

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー