運営

首都圏中央社労士事務所

 

〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-44

東武スカイツリーライン一ノ割駅から150m=徒歩1分

 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
 

お電話ではこちらへ

048-748-3801

代表はこんな人

沿 革・略 歴

 

最終学歴

 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学(博士前期課程)修了

 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法(博士後期課程)満期で終了

  ●研究分野:労働法・社会保障法  学位【修士(法学)】

1998年

 社会保険労務士試験合格

1999年  亀岡社会保険労務士事務所を設立
2006年  特定社会保険労務士試験に合格
2006年  「特定社会保険労務士」を付記
2011年  首都圏中央社労士事務所に組織変更
主な所属  ●埼玉県社会保険労務士会  ●筑波大学大学院労働判例研究会

◆特定社会保険労務士とは、会社と従業員(退職者を含む)の個別労使紛争(企業対労働者)の解決業務ができる資格のある社会保険労務士のことです。

人口1万人足らずの山のふもとの田舎町の出です

特定社会保険労務士の亀岡 亜己雄です

生まれは、福島県です。私が過ごしたところは、伊達郡国見町という人口1万の山のふもとの小さな田舎町です。

福島県は、中通り、浜通り、会津地方の3つで構成されており、国見町は、中通りの最北端の町です。この町の向こうは宮城県になるというところです。                                           

 

今でこそ温暖化の影響で、冬の気温もそんなに低くなっていないようですが、当時は―5℃、時には―10℃もめずらしくなかったのです。山からの突風で毎日吹雪で、玄関戸や自転車のタイヤ、水道管が凍りつくことは日常でした。交通機関がなく、手袋3枚、靴下3足に防寒ブーツという完全出で立ちで、自転車通学していました。

 

片道10キロの通学路でしたが、坂道と向かい風は若い私の体力でもきつかった・・・・。冬は、坂道がアイスバーン。でも、ゆっくりブレーキをかけながら下りていくしか方法はなく、案の定、すってんころりん。山からの暴風と雪で視界は最悪。冬はマスクをしながらの通学でしたが、齒で噛んでいないとマスクは一瞬で飛んでなくなってしまいます。ずいぶん鍛えられたものです。突風で自転車ごと道端の田んぼに落ちることもしばしばで・・お恥ずかしいかぎりです。

初々しい社会人1年生

そのような田舎ぐらしに染まっていた時代を経て、無事、大学も卒業し、TKCに入社をして社会人生活が始まりました。大学時代に企業会計のゼミに所属し、会計学を学んでいたことから、実務的に活かしたいし、専門性もあるとの思いからTKCで力を発揮したいと一念発起したのです。

 

当時は、簿記の勉強も結構がんばったものでした。でも、簿記は会計学と違って、技術的な部分をつかさどり、なかなか細かいものという印象が拭いきれず、がんばった割には、あまり身についていないようです。

 

TKCでは、新入社員研修のメニューに座禅研修がありまして、非常に有意義でした。『参禅入門』(大森曹玄著)の読書10回命令も新鮮なものでした。禅寺では、みごとけいさくでバシっと打たれました。静かな境地に身を置くと新発見がたくさんあります。いいものです。 そのけいさくは、お坊さんが私の同期生を叩いたらひびが入り、その同期生がお坊さんにプレゼントされました。              

 

サラリーマン時代の最初で与えられた仕事は、法律情報データベースLEX/DBの構築でした。まったく法律を知らなかった当時の私にとって、日々勉強の連続でした。明治時代の古い判例集は開くと手のひらがかゆくなるほどで、貴重な文献ですから、非常に気を使って扱っていたのを思い出します。当時は仕事柄、毎日、裁判例を目にしていましたが、全く読めませんでした。

でも、判決文を一字一句違わずデジタル化して商品にするのは、とても地道な作業でしたが、やりがいがありました。日本で最初の本格的な法律情報データーベースと言われていましたから。わからない箇所は税務研究所を頼りました。TKC税務研究所の先生方は、元判事や国税不服審判所長などを歴任された、とても博学な方々ばかりで、ぱっと読んで、判決文はここがおかしいなど鋭い指摘をされるほどで、とても勉強になりました。

 

思えば、このときから何か法律に縁があったのかもしれません。そうした判例集を手に取ってめくり、読んでいく作業は不思議といやではありませんでしたから。

その後のTKC時代

その後、本社勤務で全営業マンの活動管理、全社の予算実績管理などの業務をこなしました。途中、TKCの株式上場プロジェクトのほんの一コマにも携わることができて、また勉強をさせていただきました。会社が証券市場に上場する舞台裏に少し触れることができましたが、上場とはこのように大変なものかと感じていました。

 

コンサルティング営業の部隊に移ってからは、ひたすら歩く歩くの連続でした。スーツから塩が吹くくらい歩きました。当時はまだクールビズではなく、服装マナーも厳しかった時代でした。夏でも上着を着て営業しておりました。

 

お客様へ提出する営業の提案書やビジネスの企画書、セミナーや研修のレジュメ・テキストなどの作成は、すべて夜会社に戻ってからやっていましたから、毎日、午前様に近いスケジュールで生きていました。

 

それでも、直接向き合うのは公認会計士や税理士の先生で、税務・会計を主とした専門性のある仕事に非常にやりがいを感じつつの仕事でしたから、充実していた日々でした。セミナーで思い出深いのは、昭和天皇が崩御された日に、街中が消灯で真っ暗の中、セミナーを行ったことでした。今であれば、おそらくセミナー即中止だと思います。

 

コンサルティング営業も踏ん張っていたせいか、首都圏トップセールスになったこともありました。まあ、当時のまぐれです。こんな中、会社の組織、社員の転勤、処遇など労務的な要素に非常に興味がわいてきていました。

 

会計に馴染んでいたせいか、TKC時代の転勤の経験、営業、システム開発、事務系職種などの賃金、会社人事など労務的な要素が一様でないことの不思議さを思いっきり感じていたときだったからなのかもしれません。

 

転勤については、「法律上、必ず従うべきものなのか」「転勤は社命なのに、それに見合う金銭負担はどうなのか、違法性の線引きはどのへんか」などの法的な探究心も芽生えていたころでした。

 

一方で、管理会計(決算・申告のための会計ではなく、経営の意思決定のための会計)のノウハウはかなり蓄積され、公認会計士や税理士の先生方に経営分析についてノウハウを説明したり、経営分析の講師をやるまでになっていました。

このノウハウは、社会保険労務士になってから、賃金や賞与、社会保険料等を決定する際の人件費分析などの人件費管理に活かされています。また、信頼を寄せてくれるお客様は、社会保険労務士の顧問契約のほか、経営分析などのコンサルタント契約でもお付き合いをさせていただいております。まさに、TKC時代に培った、業務ノウハウは宝です。ある意味、異色の社会保険労務士でしょうか?

コンサルティング・ファーム時代から開業へ

こんな多忙なTKCからコンサルティング・ファームに転職しました。社会保険労務士になって、労務に関する仕事がしたいという目標に向かうために転職したものでした。

なぜかと言えば、社会保険労務士として、さまざまな企業のお手伝いをしていくためには、「書類だけ書いていてもだめだ、経営的視点が必要で、さらに経営の長所短所が読み取れなければならない」といち早く考えていたからなのです。

トータル的にそれを身につけなければ経営者のサポートなど自分にできるはずがないと思っていました。そもそも、勉強しないと会話についていけないし、相手にされないと思っていました。

 

それは、社会保険労務士が向かう方々は、第一線で経営をしている方々だからです。TKC時代にたくさんの経営者の方々とお話しさせていただいた経験も活きています。こんな動機から、転職したものの、コンサルティングの業務はTKC以上にハードでした。

 

会社の事務所に寝泊まりすることもかなりありました。経営診断書をまとめるのは、複数名でやっても、並々ならぬものではなかったのです。経営診断書は、簡易版でも厚さ7、8㎝のファイルにパンパンでしたから。

 

しかし、このコンサルティングの経験が、社会保険労務士になって大いに活きています。管理会計だけではなく、販売、労務、財務という経営の基本機能を関連させて捉えることができるようになったのは、実地で勉強させてもらった賜物と言えます。

中でも、経営理念、ビジョン、経営方針、戦略、戦術などの関係と構築する術を学ぶことができたことは財産です。これらは、自分の人生をデザインする際にも共通に役立つメニューとしても役立っています。

実際、社会保険労務士として訪問させていただく際に、人員不足、資金繰りの悪化、販売方法などの話をする機会が多く、労務だけの話をしていても経営は解決しないことを痛感しています。多少なりとも経営を学んでいてよかったと思う瞬間です。販売管理費で最も嵩むのは人件費ですから、従業員の賃金と経営の関係ほど敏感なものはない。そんな要素に関係する社会保険労務士の役割は大きいと痛感しました。

 

経営理念、経営方針・計画、経営戦略など経営の基本柱は、TKC時代、コンサルティング・ファーム時代とかなり勉強させていただき、それなりに自分の視野が広がったように思います。

 

もちろん、人事評価、賃金設計などの業務もさせていただきましたが、あらためて、この仕事は、ものすごく広いアンテナが必要な領域であることを知ったのを覚えています。高額な人事評価制度からA4一枚でできる制度まであるのです。

ただ、多くの企業がとても仰々しい人事評価制度を運用していて活用できていないことに疑問もありました。また、人事評価制度に関係する労働問題も多く、この領域はこじれることが頻繁にありました。

こうして社会保険労務士になった後に、多少なりとも、企業や経営者の方と話がかみ合うようにと自分を磨くことができたと思っています。その後、きちんと資格を得て業務を行おうと、社会保険労務士に挑み、なんとか合格、開業となりました。

ゼロからスタートの社会保険労務士1年生

画像の説明を入力してください

社会保険労務士としての開業は、サラリーマン時代とすべてが違います。人はサラリーマンでなくなった瞬間に、背中の看板やブランドが消えます。サラリーマン時代は、看板やブランドがあり、すすめる商品もあり、営業方針を考える人もありとありありだった。開業するとこの違いにまず、気づきます。

 

冷静に見つめたところ、商品は何か、企画を考えるのは誰か、営業するのは誰かという疑問にあたりました。どれも答えは同じでした。これがサラリーマン時代との根本的な違いであると知ってからは、ゼロから進むのみを肝に銘じ、かっこ悪さも気にせず、日々邁進したように思いました。忘れなかったのは、熱いハートだけではないかと思います。

 

しかし、開業当初は、事務所もアパートの一室、言うなれば、一坪オフィスです。日中、そんなところからスーツを着て出ていけば、ご近所さんも不思議な顔をするわけです。「バリバリの働き盛りの年齢の男が、スーツ着て怪しい?」って思われているんだろう。当時は、そんなことも頭をよぎりながらやっていたように思います。初々しい社会保険労務士1年生のころです。そんなスタートでしたが、教わったノウハウは素直に実践しました。自分を棚卸したのです。経営理念を構築、経営ビジョンを設定、経営計画を策定、単年度目標の数値も決め、数ページの経営計画書を作りました。

 

事務所の経営計画書において、自分の財産を棚卸して、できることを行動計画にしました。人脈なし、これといった武器もなしとないないずくしでした。人脈もない自分が自分の意思だけですぐにできることは何か考えたら、飛び込み営業でした。

 

名刺と業務案内を持って、ひたすら、日々足で営業して開拓しました。当時は、今のようにインターネットがまだメジャーでなかったころでした。アナログ的方法でコツコツとでした。春日部市と越谷市を百数十件訪問し、開業数か月で1件の顧問先ができました。それはそれは、自分のような社会保険労務士と付き合って下ることを決めていただいた初めてのお客様に大感謝でした。就業規則の作成、助成金、賃金台帳の調整などすべて一生懸命だったのを記憶しています。もちろん、今でも一生懸命やります。

社会保険労務士として波に乗り役割を意識する

自分の足で、何とか顧問先を開拓してからは、よい信頼関係のもとに、顧問先も拡大し、労務顧問、研修の講師、セミナー講師などの業務を担当させていただいております。開業3年で、顧問先十数件とご縁ができたことは何よりの喜びでした。「よし、このお客様を大切に、精一杯対応していこう」と誓いながら日々の業務を行っていました。感謝しても感謝しきれません。

ある業種団体で研修講師の依頼を頂いた際には、「経営の今を変える」ことを労務の切り口からお話をさせていただきました。いい意味で経営者の方を前向きにさせるお手伝いができたと実感が沸き、とても感謝しました。

 

そのほかにも労働問題、労務の整備、雇用保険の適用、募集・採用の業務、健康保険の適用手続、年金の請求、賃金体系の見直し、労災の適用、安全衛生の業務、さまざまな業種の就業規則の作成・変更、各種相談など、労務のほとんどの業務を担当させていただいております。

 

中でも、助成金の申請は、経営者の方に直接プラスになるもので、これまでかなりの件数、かなりの種類の助成金をこなしています。開業3年目のころに「時短奨励金」という使い勝手の良い助成金がありました。人材の採用やパソコンなどの機械の導入などの手段で、週1時間以上労働時間を短縮し、短縮した労働時間をルール化することで支給を受けられるというものです。対象は、9人以下の従業員規模の企業でしたので、小規模企業にとっては資金繰りの改善に非常にプラスになっていました。

 

今では思い出ですが、ある週は、時短奨励金の申請締切日である当日に、移動する電車の中で、数件の申請書を作成しながら・・なんてこともありました。「助成金は毎年めまぐるしく変わるため、中小企業の経営サイドが適切に把握することは難しい。これはお役にたたないと」と深く刻み、依頼、顧問先で活用可能な助成金が出ると情報を提供しておすすめすることで、少しでも経営に前向きになっていただいているものと感じています。もし、50万円の赤字なら、50万円の助成金で赤字がなくなるわけですから。

 

当事務所には、社会保険労務士の枠にとどまらず、人に関する様々なことが舞い込んできます。たとえば、従業員が外で借金をして督促に追われているがどうしたらいい?親が亡くなったが、兄弟で相続争いになっている?プライベートで交通事故に合って相手との交渉はどうしたらいい?会社に空き巣が入った?友人が浮気をして離婚問題になっている?などなど人のことは何で話題がやってきます。頼りにされていること実感させていただく瞬間でもあります。もちろん、社会保険労務士として対応できるできないの領域はあります。

 

まわりのたくさんの方々、中小企業の経営者の皆様に支えらえて、社会保険労務士として非常に充実した業務を行わせていただいております。一方では、ハローワークや年金事務所に係る機会は仕事柄多いわけですが、ときおりショッキングな話を聞くものです。

 

・あるときは、「俺は特定だ。特定社会保険労務士だぞ・・・」とある社会保険労務士が窓口でえらそうに言って帰ったという話(職安の方も決してよく思っていないようでした)。

・あるときは、「企業からハローワークに労働問題の電話が入って、社会保険労務士に相談するように職員が促すと、その企業には顧問社会保険労務士がいるそうだが、労務トラブルには対応しそうにないと評価されているみたいで」というお話(労務トラブルは法的な判断を当てはめるのですが、それができない社会保険労務士だったようです。代わりに職安の方が答えたそうです)。

・開業時の飛び込み訪問をした企業で、「俺は社会保険労務士が嫌いだ。昔、労災の手続で高い代金を請求された」というお話。

・あるときは、「社労士はダメ!法律を知らない」「条文も知らない」という行政あるいは、弁護士からの話(社労士は判例はおろか条文も読んでいないと嘆いていました。)。

 

こんなお話しを聞くたびに、自分はそのような社会保険労務士にならないようにしようと反面教師と受け止めたものです。社会保険労務士は、専門スキルに磨きをかけることに一生懸命にならなければいけませんし、それが当たり前であると考えています。もちろん、専門ありきになってはいけません。現実の経営労務に対応する姿勢こそが重要であることは不変です。

 

どんなに経験を積んでも、社会保険労務士は、中小企業の経営を労務の面からサポートし、少しでもよくなるように整備のお手伝いをさせていただき、労務問題が起きないように防御の網を張る役目であると考えています。

また、トラブル防止だけを言えば、素行不良な従業員に目を向けがちになりますが、従業員に支持される良い会社にすることも大切です。まじめに働く社員が士気を下げないようにすることもその一つです。こうした考え方の下では、「就業規則の内容をどのようにするか、就業規則を活用してどう運用できるかが重要になります」「事が起きる前に労務対策をしておけば経営労務が安定します」といつもお話しさせていただいております。

 

そのためにすることは、日々知識・知恵を仕入れるために、経営のこと、労働法のこと、さまざまなことを勉強することにつきます。そうした考えから、筑波大学大学院で企業法学を学び、さらに研究・勉強を深めようと、同大学院の博士課程で研鑽を重ねました。

また、同大学の労働判例研究会に所属しているおかげで、自分でも日夜、労働判例を素材にした研究・勉強を継続しております。法的な判断材料のスキルアップは必須事項です。労務の現場は、いろいろなことが起きます。でも、人と人の感情をぶつけても解決はできないもの。同じ尺度を提供する役目は社会保険労務士の仕事だと思うのです。

 

モットーはノウハウやスキルは常に磨き向上を図り(インプット)、お客様の相談に答える際は、お客さまにわかりやすいよう、さりげなく専門家の知恵を提供する(アウトプット)。

 

裁判例は、企業リスクの防止と対策のノウハウが満載で、その時代も反映されている点で、研究素材として非常に有益です。素材自体が実際の紛争であるだけに、全文を読むことで法律への理解が深まり、実務に応用することが可能になります。結果、ちょっとした経営者との会話や具体的な相談など、様々な場面で、ノウハウを取り入れたお話しをご提供できることは、当事務所が労務の面から企業経営に貢献できる特徴の一つになっております。

ブラック・ブラウン化しないようにサポート

当事務所は、手続業務も含め、就業規則を柱に中小企業の採用から退職までの労務の整備、労務環境の整備に力を入れてきています。

事前措置と事後対応、特に、労務は日頃からの事前措置が非常に重要です。労務は必ず人が関係します。事が起きる前に日頃から対策することが肝になるのです。

労務が大変なのは、事が起きた後では、事が起きる前のちゃんとしていた状態を作れないからです。たとえば、従業員からの苦情に対応しようとして就業規則を見たら条項に不備があった。しかし、就業規則の不備は事後的に修正しても将来に渡って適用していける状況になったというだけで、苦情が発生した際に適用した条項で適用せざるを得ないのです。

 

現代社会、そしてこれからは、組織単位ではなく、個人レベルで、インターネット上に情報が流れる時代です。個人が社会に世界に発信する時代です。会社の評価が、会社の認識しない時間と場所で広まるのです。

 

twitter、Facebook、blog、2チャンネルを中心とする掲示板、その他SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)などを通して、一瞬のうちに広められます。tablet端末やスマートフォンが中心の時代です。スマートフォンで録音もできる時代です。

 

税務調査があって、追徴課税含めて300万やられた話は、有名人でなければ、経営陣が口を閉じている限り、ネット上に公開されることはありません。しかし、労務は、たった一人の従業員から全国に、全世界に一瞬のうちに、企業の評価が広まるのです。

 

解雇した、パワハラが2年間で3件もあった、訴訟があった、2回くらいセクハラがあった、休みがない、労働時間が長くきつい、残業手当がない、給料が減った、社会保険に入れてくれない、雇用保険に入れてくれない、労災を適用してくれないなど、マイナス要素はなんでも広まります。事実無根なことだとしても、広まってしまえば風評被害と言える事態になることも想定しなければなりませんん。

 

近年の労務は、こうしたことで会社が足元を救われないようにすることが、労務トラブル防止よりも大切ではないかとも思っています。 微力ながら、当事務所も力を注いでいきたいと自らの尻をたたきながら気合いを入れております。

社労士として、今

こんな風な経緯と考え方を辿り、なんとか事務所をやっております首都圏中央社労士事務所です。わたくし自身は、在野の一社会保険労務士にすぎません。資格がないと社会保険労務士の業務はできませんので、資格のもとに業務をこなしますが、企業の経営労務の現場では、資格は関係ありません。

 

いかに、社会保険労務士として、スキルを磨いて、常にお客様に貢献できるように、準備をするか、この精神に尽きます。社会保険労務士は人に関する多くのことを対応します。社会保険労務士の業務はルーチンワークではありません。でも、人に関することである以上、お客様、経営者、そこで働く従業員を大切に思い、少しでも栄えるように尽力したいという思いです。

 

紛争の防止、社員に支持される企業づくり、中小企業をブラック・ブラウン化の防止を支援するために、春日部を拠点に首都圏を走ります。    

 

                       首都圏中央社労士事務所

                       代表 特定社会保険労務士 亀岡 亜己雄

 

●しっかり労務管理をやっていきたい

●今までは”労務なんて・・”って思っていたが、気持ちを新たにした

●これまでは税理士だけでいいとしてきたが労務をちゃんとしたい。

●労務リスクをわかっていないので、継続して対策していきたい

●行政への書類だけではなく、その以外の答えの出にくい労務に向き合いたい

●よくわからないが、社労士を継続してつけて安心材料を持っておきたい

 

こんな心境などになられましたら、微力ながらしっかりサポートさせていただきます。

社労士は、企業の日常の経営労務の精神安定剤です。

もし、出会うことができましたら一期一会に感謝いたします。

 

                                  特定社会保険労務士

                                      亀岡 亜己雄

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せは、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

※営業メールはお断りしております。

お電話でのお問合せはこちら

048-748-3801
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話での相談お申込み・お問合せ

048-748-3801

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー