運営

首都圏中央社労士事務所

 

〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-44

東武スカイツリーライン一ノ割駅から150m=徒歩1分

 

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
 

お電話ではこちらへ

048-748-3801

雇用契約で問題になりやすい点

何が雇用問題になりやすいか

あせらずに取り組みましょう!

雇用契約は形式的に

労働条件が書いている紙を従業員と会社で結べばいい

  としている企業が相応に見られるところです。

  しかし、雇用契約書に関連する要素について、従業員から苦情や主張がなされた際に、違法なないような不適切な内容を指摘されることになりかねません。

 

従業員を採用し、使用するということは、『契約』です。

よって、契約に絡む要素が重要になってきます。

 

 一般的に具体的に関係してきます事柄を列挙してみたいと思います。

 ●入社前の労働条件の通知内容

 ●入社前の労働条件の通知の仕方

 ●入社後の労働条件の明示方法

 ●入社後の雇用契約の締結方法

 ●労働条件明示書や雇用契約書の記載内容

 ●労働条件明示や雇用契約書を交わした日時

 ●労働条件に関する口頭発言の内容

 ●労働条件に関する口頭発言の日時

細かいとの印象になるかもしれませんが、事が起きたときには問われることばかりなんです。 

 

 次に、具体的な労働条件や契約内容で問題になり得る項目の主要なものを列挙してみます。

 ●雇用上の身分あるいは従業員種別

 ●仕事内容

 ●労働時間

 ●給料(基本給)の支払い方(時給・日給・日給月給・月給日給・月給)

 ●休日

 ●有期雇用契約の更新の要件

トラブルになっているケースのほとんどにはいくつかの共通の問題事項があります。また、企業がフリにならないようにとの視点のみで内容を組み立ててしまうという傾向も見られます。

 

でも、決して残念なことではありません。今からでも考えて、十分に軌道修正ができるのです。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せは、お電話またはフォームにて受付しております。
まずはお気軽にご連絡ください。

※営業メールはお断りしております。

お電話でのお問合せはこちら

048-748-3801
営業時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話での相談お申込み・お問合せ

048-748-3801

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー